橿原市,歯科,歯科医院,近鉄八木駅

今西歯科クリニック
橿原市・大和八木の歯科
〒634-0005
奈良県橿原市北八木町1-6-1
TEL:0744-24-5577

 

Google


WWW を検索
imanishi-shika.com を検索
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

ブログ紹介

HOME»  治療症例

治療症例

左上犬歯抜歯後AQBインプラントにて補綴した症例

<治療前>    
  左上犬歯抜歯後AQBインプラントにて補綴した症例  
  矢印下  
<治療後>    
左上犬歯抜歯後AQBインプラントにて補綴した症例 左上犬歯抜歯後AQBインプラントにて補綴した症例 左上犬歯抜歯後AQBインプラントにて補綴した症例

左上犬歯に人工歯冠が被せてあったのですが、冠脱離・歯根破折で抜歯せざるを得なかった症例です。治療前の写真はまだ破折した歯根が残っている状態で、歯肉が炎症を起こして腫れています。両隣りの歯にかぶっている人工歯冠をそのままにしておきたいということでインプラントにて補綴しました。治療後の写真は植立後4ヶ月のX線写真と人工歯冠装着後の写真です。このケースは大事を取りインプラント植立後6ヶ月してから人工歯冠を装着しました。それまでの間仮の冠を入れながらPMTCなどを行い歯肉の状態の改善に努めました。熱心にお口のケアに取り組んでいただいたのでインプラントのみならず歯肉全体がいい状態に保持されています。

 

予防充填(シーラント)をしてあれば・・・

<治療前>    
  予防充填(シーラント)をしてあれば・・・  
  矢印下  
<治療後>    
予防充填(シーラント)をしてあれば・・・ 予防充填(シーラント)をしてあれば・・・ 予防充填(シーラント)をしてあれば・・・

術前の画像で分かるとおり、大きな穴は開いていません。ですが溝の黒い部分を探針で探ると深い穴が開いているのが分かります。

術後の画像1 虫歯の上のエナメル質を慎重に除去してみると中の象牙質が大きく虫歯で無くなっていました。

術後の画像2 慎重に虫歯を取っていきます。

術後の画像3 虫歯が除去できました。象牙質が無くなりエナメル質だけが残った状態となっています。

この後この穴に詰め物をしましたが、神経を取らずにすんで幸いでした。このようなケースは時々見られます。歯の内部の象牙質はエナメル質に比べて軟らかく虫歯が進みやすいのですが、こんな子の場合特にその差が大きいのかもしれません。このような場合、虫歯になる前に、歯の溝の部分に予防的に詰め物をしてあれば(シーラントといいます)こんなことにならなかったと思われます。永久歯の大臼歯の場合シーラントの効果は大きいです。家族に虫歯の多い人がいるなど虫歯になるリスクが普通より高いと思われる人はお勧めです。6歳から11歳の間歯が生えてきてなるべく早い時期にするのがよいでしょう。乳臼歯にシーラントをしてもらっている子供を時々見ますが、乳歯にはあまり効果は望めません。4歳を越すとほとんどの乳歯の虫歯は歯と歯の間にできてきます。シーラントは歯と歯の間の虫歯には効果がありません。歯の溝の虫歯の予防だということを覚えておきましょう。